今日の記事はウェディングドレスの素材についてです。
ドレスの素材は全体の雰囲気を決めてしまうといっても過言でないほど重要なもの。
是非ドレス選びの参考にしてみてください。

(1) サテン


光沢が特徴で、高級感があるため
ほとんどのドレスにサテンが使われています。
厚さがあるため、重厚感のある綺麗なドレープが入ります。

サテンが使われているドレスの一例‐Pandora (パンドラ)
上品さや重厚感が出るため、王道スタイルを極めたい場合はサテン素材のドレスがおススメです
また、受け入れられる年齢層が幅広いので、無難な素材であることに間違いありません。


(2) シフォン



とても薄く柔らかで、とろみのあるのが特徴です。

シフォンが使われているドレスの一例‐アゲイト

風になびくサラッとした素材なので、ガーデンやレストラン、海外挙式などカジュアルウエディングにオススメです。 優しい雰囲気を作りあげてくれるので、マタニティードレスにもよく使用されています。

(3) オーガンジー 


薄い素材でありながら、つるつるとした光沢が特徴です。

重くなりすぎない素材ですが、シフォンに比べると張りがあります

オーガンジーが使われているドレスの一例‐レネイ

スカートのボリュームや立体感が出やすいので、写真映えのする花嫁スタイルを作り上げてくれます。

(4) チュール 


透け感が強く、軽い素材でドレスにボリュームを与えます

カジュアルにも王道にも様々なシーンに対応出来るので、近年の結婚式では着用する方も多い人気の素材です。

チュールが使われているドレスの一例‐セウラ

(5) ソフトチュール 


通常のチュールより柔らかい手触りでハリがないのが特徴です。
柔らかで優しいイメージを与えてくれ、比較的シワになりにくい為、持ち運びにも便利です。


ソフトチュールが使われているドレスの一例‐ブリアンナ

(6) レース

  
華やかさと品の良さを演出してくれる繊細なレース

総レースを使ったドレスはとても上品で大人な印象で、
種類や使い方によっていろんな雰囲気を醸し出してくれます。

ソフトチュールが使われているドレスの一例‐ジェマ


ガーデンウェディングから迎賓館まで様々なシーンで活躍してくれます。お写真映えも抜群です。