結婚式でウェディングドレスは女性の憧れであり一番迷われる点でもあります。

たくさん商品を見れば見るほど迷ってしまうドレス選びは

自分の体型や好み、式場の雰囲気など色々な条件を考えて選ばないといけません。

ですがドレスは普通の服とは違い実際に試着をしてから何度もシルエットを一つ一つ自分に合うか確かめてから決定するためお金時間に限りもあります。

簡単には決まらないドレス選び。

ですが少しでも自分の体型のタイプや雰囲気を知るだけで今まであまり気にも止めなかったデザインやシルエットが実は一番合っていたりすることも良くあります!

なので今回は体型のタイプとそのタイプに合ったドレスのシルエットをご紹介いたします!

まずは丸型タイプ

肩やお尻、顔の骨格などライン全体的に丸みがあり、お肉がつきやすく胸がが大きめ。

フラップスカートや一般的な襟つきジャケットが似合いやすく手首が細い。

こちらにいくつか当てはまる貴方は丸型タイプです

このタイプは体のラインが緩やかでもバストがあるためウエストのラインがハッキリしているので

王道のAラインからプリンセス、より大人っぽく上品にするならスレンダーもオススメです。

ですがエンパイアやハイウエストなどバスト下で切り替えるタイプのドレスは太って見えるため妊婦さんなどに見られがちなのでなるべく避けましょう。

女性の凛とした雰囲気が出やすいので

ガーリーよりはエレガントに、ナチュラルよりは上品にといった

一般的ではありますが大人が過ぎず子供過ぎないデザインがオススメです。

また、シルエットがハッキリしてるドレスと相性が良いため生地はサテンやオーガンジーなどハリのあるものがベストです。

続いてIライン型タイプ

基本華奢で細く、筋肉が着きづらく二の腕や太ももが細く鎖骨のラインを気にされている人。

また首が長く頭のラインが平らでシャネルスーツのような襟のないジャケットが似合いやすい。

こちらにいくつか当てはまる貴方はIライン型タイプです。

このタイプは縦にラインが強調されやすく、こちらもAラインからプリンセス・マーメイドまで綺麗に着こなせます。より大人っぽくナチュラルにしたい場合はエンパイアがぴったりです。

ですがインポートなどに多いスレンダーなどのヒップからスカートがなだらかに広がるシルエットはIライン型にはボリュームが中途半端なためせっかくの足の細さやラインのメリハリが出ないので少し物足りないように見えてしまう可能性が高いのでなるべく避けましょう。

ガーリーな女性らしい雰囲気があるので袖付きの可愛らしいデザインや小花などのフェミニンテイストの華やかなデザインもオススメです。

素材は体型自体縦のラインが細いのでより存在感のある大きめなシルエットになるようにエアリー感のあるチュールやフワフワなオーガンジーなど透明感がありつつも空気を含んで大きく広がる生地がオススメです。

またレースなども色味あるものやクリスタルビーズなどの装飾が施されてる華やかなものとも相性がいいのでドレスの雰囲気は上品なものやシックなものがオススメです。

最後に角型タイプ

骨格がハッキリしていて肩幅が大きめ、筋肉などがつきやすく全体的に凹凸が少ないな人。

頭の形は少し角張っていてトップボリュームあり、服装などもボーイッシュでよくパンツなど履かれる人。

こちらにいくつか当てはまる貴方は角型タイプです。

こちらのタイプは骨格がハッキリしていてモデルによく多いタイプなので基本的にどのシルエットのドレスも着こなせます。

ですがモードな雰囲気も着こなせる唯一のタイプなのでAラインだとより大人っぽく王道中に個性感を出せる事間違いなしです。

ですが、肩幅が広めで胸元をより美しく魅せれるタイプなのでホルターネックや、アメリカンスリーブといった肩や腕を出して胸元を隠してしまうとせっかくの首から胸元にかけてのスラッとしたラインが無くなり肩幅の角張かたが強調されるため圧迫のあるスタイルとなり悪く言ってしまうとよだれ掛けのように見えてしまうのでなるべく避けましょう。

また本来ボーイッシュなイメージでモードな都会的な大人っぽさがあるタイプなので、フェミニンよりはエレガント、ガーリーよりはシックなドレスがオススメです。

素材はシルエットのより異なりますが基本軽めの光沢が均一なマットなサテンのものやハードチュールがオススメです。

また、装飾はシルバー系の豪華なビジューや一つ一つ形の大きめなレースなどで高級と上品さを出されるのがオススメです。

なのでパールよりはラインストーンなどの光を反射するものや存在感のあるミラースパンコールの入ったドレスだとよりスタイリッシュの大人っぽくまとまります。

いかがでしょうか?

体型だけでここまでテイストや雰囲気がハッキリするとは意外だと思われた人も多いのではないでしょうか。

実際着てみないと分からないドレスがほとんどですが自分に相性のいいドレスはいくつも存在します。

知っているのと知らないのとでは後のの考え方や選び方が大きく変わるのでよろしければ是非参考にしてみてください。

皆様が満足のいく素敵なドレスに巡り会えることを祈ってます。