Annie Bridalについて

ウェディングドレスやタキシードをご用意させていただくにあたり、 私共がどのような価値観をもって衣装を提供させていただいているかを率直にお伝えすることは、お客様と弊社がよい関係を築くために一番大事なことだと考えております。ただでさえウェディングドレスは特殊な商品ですが、当店では「サイズオーダー」「ご注文後に新たに中国で製作する」など、さらに特殊な要因が重なります。デザインや価格、アレンジができるなどのメリットはもちろん自信をもっておりますし、お客様にとってもにとっても大事なことですが、「なぜ安いのか」「サイズオーダーのデメリットはなにか」というところも、よく考えていただければと思います。ご面倒かとは思いますが、是非最後までお読みください。
はじめにお伝えしたいのは、「Annie Bridalは、条件が合えば非常に費用効果が高く、ご満足いただけるお店」だということです。お客様のお写真やご感想などをご覧いただけるとお分かりいただけるかと思います。 ⇒お客様のお写真・ご感想
「条件が合えば」というのがポイントです。すべての方にお勧めできるわけではありません。そこを皆様それぞれ見極めていただければと思います。
あなたが一番価値を置くのが何で、何が副次的(あまり気にしないこと)なことでしょうか? 例えば、ドレスを節約すれば旅行にもっと予算をかけられるかもしれません。 また、欲しかった何かが買えるかもしれません。 結婚式はかけがえのない特別な日ですが、そのあとに長い長いお二人、そしてご家族との生活が待っています。それを踏まえて、優先したいことはありませんか? 自分の価値観を理解した上であれば、インターネットでさらに安いドレスを購入されるのも、ひとつの賢い選択かと思います。 ですが、この自分の価値観をきちんと把握しないまま、「有名だから」、「みんなそうだから」、「安いから」、「値段が高いから」というような選択は、期待していた品質ではなく失望してしまったり、必要以上の高額なドレスを買ってしまったり、得られるものが得られなくなってしまう、ということが起こりえます。 Annie Bridalのドレスは、条件に合うかどうか考えてみてください。ドレスのお値段と品質(生地や縫製、装飾など)の費用効果には自信があります。 ただ安いだけのドレスでは決してありません。 ですが、他ページでご説明させていただいてるとおり、サイズのお直しが必要になる可能性や、 製作中の若干の汚れ・ほつれがある場合がございます。私個人の感覚や、多くのお客様にとっては問題ない程度でも、気になる方には耐え難いということもあります。
これらの点をあらかじめご理解の上、優先事項をきちんとご検討いただき、その上で、Annie Bridalがあなたにとって一番であるという判断されてからのご購入をお勧めいたします。 品質等がご心配な方は、実際にご試着いただいたり、サンプルドレスお貸出しのサービスをご利用されることをお勧めいたします。⇒サンプルドレスのお貸出しについて
もしサイズが合わなかったら・・・、確かに心配ですよね。 採寸の仕方によって値が変わったり、体型が変わってしまうことも考えられます。日本の高額なオーダーメイドですと、仮縫いを数度行い、製作途中に調整行っていきます。 レンタルの場合、背中のゴムで合わせたり、ちょっと縫い直したり、詰め物をしたりするかと思います。 結局、調整する必要はどの販売方法でもあるのですが、これらの費用が含まれているかどうか、 どのように調整するかが異なるということになります。Annie Bridalの場合、サイズが合わない場合でも東京店では提携している職人さんのお店をご紹介させていただき、お客様のご負担でお直しをお願いしております。実際にドレスを着用の上、調整するという流れです。少し変則的な仮縫い(仮縫いを行わない分、後日でもしっかりとお体に合わせることが出来る)とお考えいただくと良いかと思います。ですので、ドレスの金額と別に1万円~2万円程度、別にご予算をみていただければ幸いです。納期は2週間前後という場合が多いです。 遠方にお住まいお客様は郵送での調整が可能な場合もございますが、お住まい近くのお直しのお店(必要に応じて探すお手伝いをいたします)にて、やはり実際にドレスを着用した状態でお直しの確認をしていただくことをおすすめしております。もちろんサイズの調整が必要ない場合もあります。 これらを手間と考えるか、効率よく自分にあったドレスを作る方法と考えるかは、お客様次第です。 どうかよくご検討ください。
あと最後に、もうひとつアドバイスですが、できれば色々なお店で、多くのドレスをご試着されてください。 似合うドレスのイメージをつかむことがドレスを選ぶ上でとても役に立ちます。 またドレスの品質やサービスの内容などを客観的に判断できるようになり、お店選びの大きな助けになります。どんなことでもお気軽にお問い合わせいただき、納得のいくまでご検討いただければと思います。
結婚式というのは、本当に状況・条件がバラバラですので、一様に「こうだ」ということは言い難いのですが、皆さん日本の結婚式(そしてドレス)は高いというのは、ある程度共通してお持ちになる感想ではないかと思います。楽天ウエディングの記事によると、 『結婚式費用の相場は、平均で約300~350万円(招待人数70~80人)。 (※ふたりの実際の平均負担額は約100万円) 』とのこと。相場がこのくらいと言われると、「そんなもんなんだろうな・・・」と思ってしまいますよね。
ウエディングドレスに関して言えば、一般的な式場やホテルのドレスレンタルで10万~40万といったところでしょうか。(プランなどに含まれていたり、簡素な式ですと、表面的には0円となっている場合もないことはないですが・・・。)タキシードのレンタルの相場は8~12万円くらいが多いようです。ただ、ドレスレンタル10~15万くらいの安いプランだと選べるドレスが限られていて、気に入ったドレスを選ぶと追加料金がかかるという場合も多いですよね。もちろん、もっと高い場合もあります。オーダーメイドの購入などになると、その倍以上することもありますよね。
式自体についてもそうですが、多くの場合、ただブライダル業界の慣習で高いさが維持されている気がします。また、「高い金額を払う」ということ自体が「良いこと」というような考えもあるのかもしれません。ただ、自分の「ウエディングドレスに求める価値・イメージ」と、「実際のウエディングドレスの価格、品質」のバランスが合わないと感じられる方もいらっしゃるのではないでしょうか?ウエディング雑誌などで、高いドレスばかりみていると、「ウエディングドレスは高くて当り前」というイメージを持ってしまいますが、はたして本当にそれだけの金額を費やす価値があるのでしょうか? 実際のところ、ウエディングドレスは髪型・メイクをきちんと整え、照明をきちんとあて、小物の組み合わせを間違えなければ、どんなドレスでもそれなりには見えます。
確かに、1mmにこだわって品質の大変良いドレスを作られているお店もあります。ただ品質は最高でも、大変高額ですし、製作期間も考えると、かなり前にオーダーする必要があります。場合によっては、高くても、それ程品質がよくないレンタルで、デザインも好みではなく、サイズが合わないドレスかもしれません。上記の様な現状を踏まえた上で、弊社は、既成の概念にとらわれない、新しい選択肢を提供していきたいと考えています。現在の状況や方法を全て否定し、皆さんがエニーブライダルでドレスを買ったほうがよい、という訳ではありません。式場やホテル、ゲストハウスなど、それぞれに良いところ、悪いところがあると思います。何を重視するかを、きちんと見極めるのが大切です。

ー エニーブライダルの特徴 ー

■仲介業者を通さず、工場の製作担当者と直接やりとりをしている
仲介業者によるマージンがないことで安くできるのはもちろん、工場の製作担当者と直接、製作状況やデザイン変更などの確認・相談ができます。 →お客様のご要望、お問い合わせにも柔軟かつ迅速に対応させていただきます。
■小規模なためひとりひとりに寄り添っての対応
弊社は数名という小規模で運営しています。その為、お客様ひとりひとりのご要望にも出来るだけ寄り添い対応させていただきます。 メールを中心としたやり取りにて、納得がいくまでご相談いただけます。
→デザインや些細な悩みなど、お店などでは相談しにくいことも気軽にご相談いただけます
Annie Bridalのウエディングドレスは中国製です。大手さんなどはタイやベトナム、インドネシアなどに工場があるところも多いです。 いろいろと不安に感じられる方もいらっしゃるかと思いますが、中国だからできることがあります。人件費と仕上がりのバランスは、長い間培ってきたドレス制作の経験に基づいており、マイナス面を上回る価値があります。中国には何百もの工場、工房がありますが、Annie Bridalでは、その中でも縫製や生地等の信頼が高い工場を厳選し、製作を依頼しております。といっても、「デメリット」でお伝えした通り完璧ではありません・・・が、ドレスのお値段と品質を比べていただければ、きっと多くの方にご満足いただけると思います。是非一度、実際にドレスやタキシードをお手にとってご確認・ご試着ください。 

⇒ご来店予約 遠方の方は郵送試着を是非ご利用下さい ⇒郵送試着
中国製によるデメリット(詰めが甘い)部分につきましては、到着後に対応できるような工夫をしております。具体的には、服飾業界に長くいらした経験豊富な日本人のお直しの方にアドバイザー兼お直しを依頼しております。日本で同じドレスを一から作ると、人件費や生地代だけで、ものすごい高価になってしまいます。ただ、その分仕上げが甘かったり、縫製等でずれが生じてしまう場合も、修正が可能な範囲は多いですが残念ながらございます。また、中国から直接配送ではない為、弊社よりお客様へお届けさせていただいております。最終的な仕上げを日本でできるようにすることで、日本、中国それぞれのメリットを生かし、デメリットを上手く相殺して、価値を高めることができていると思います。 
まだご不安な点や、知りたいことがあるかもしれません。そんな時は、どんな些細な事でも、お気軽にお問い合わせください!最後まで読んで頂き、ありがとうございました!  

Annie Bridal